ブリッジと入れ歯とインプラントの違い

歯を失った場合には咀嚼時の不快感という日々の生活面の問題だけでなく、全身の骨格の異常や生活習慣病なども引き起こす事がわかっているので、早急な対応が必要になります。

現在野田市の歯医者を含む全国的にメジャーな治療法として「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」がありますが、これらは機能面でも費用面でも大きく異なります。

ここでは野田市の歯医者で行われている治療を例に、これらの違いやメリットデメリットについて見て行きましょう。


まずブリッジですが、これはその名の通り歯と歯の間に橋を渡すようにダミーの歯を設置するという方法です。野田市の歯医者でも抜けた歯が一本から二本程度と比較的少ない場合に選択される方法ですが、メリットとして比較的治療期間が短いという点が挙げられます。

しかし、大きなデメリットとして健康な歯への悪影響が考えられます。ブリッジを行う際には抜けた歯の両隣を被せ物を行うために削る必要がありますが、健康な歯であれ歯を削るという事は不可逆的な治療となるので、将来的な歯の寿命などを考えた場合にはデメリットになると言えます。


一方入れ歯も野田市の歯医者では比較的よく選択されるものですが、方法としては歯茎の上に直接置いて、前後の歯にバネで固定するというものになります。

これはブリッジと違い健康な歯を削る必要がないという点が大きなメリットになりますが、反対のデメリットとしてはその大きな異物感が考えられます。入れ歯は架設式で固定出来ないため口の中に入れるとかなりの異物感が残ります。そのため野田市の歯医者でも一度入れ歯を装着しても、やはり異物感や咀嚼時の不快感が耐えられず、ブリッジやインプラントなどその他の治療を選択される方も多くいらっしゃいます。


そしてインプラントは野田市の歯医者でも若い方を中心によく選択されるものですが、入れ歯やブリッジとは根本的に異なる施術方法になります。インプラントではインプラントの本体部分を骨に埋め込むという大掛かりな外科手術を行い、その上に人工の歯を差し込むという形になります。

この大きなメリットとしては見た目上も機能面もほぼ健康な歯と変わらないという点が挙げられます。入れ歯やブリッジではどうしても健康な歯に比べ見た目の問題や咀嚼時の違和感など不快な点も多かったのですが、インプラントは第二の永久歯と言われるほど人間の口腔内環境に適した素材であると言えます。


しかしこれら機能面の違いだけでなく、実際に治療を選択するには費用面も考慮しなければなりません。野田市の歯医者でも治療を迷われる方の多くが突き当たる壁ですが、入れ歯やブリッジはほとんどの場合保険適用が可能なのですが、インプラントは自由診療の扱いになるので、保険適用が行われません。

そのためインプラントの治療には一本当たり20万円程度の費用がのしかかるので、野田市の歯医者でもインプラントを行う際の大きな障壁となっています。”

上野歯科クリニックのブログの最新記事

お電話でのお問合せ

上野歯科クリニックに来ていただける理由

  • 01 安心 痛くない治療を目指した治療体制
  • 02 安全 最新機材を導入。安心・安全の親知らず・インプラント治療を提供
  • 03 信頼 不安点、疑問点を解消してから治療へ
  • 04 清潔 徹底した衛生管理。使用する機材はすべて清潔を保ちます
メタルフリー治療

医療費控除
上野歯科クリニック公式ブログ
診療予約
診療時間