交通事故と損害保険会社への対応の仕方(5)

損保業界では一物二価があたりまえです。同じ損保グループで同じ保証内容でかたや、通販の形態をとって安く保険商品を販売しています。対面販売でも、もしもの時に手厚い保証が確保されるなら多少高くとも契約を検討する価値があるかもしれませんが。少なくとも、日本興亜損保と合併したSJ損保は、すこぶる評判はよくありません。事故の被害者はもちろん、加害者でこの保険会社に加入していた方の評判は最低、自動車修理工場の評価はこれまた、修理代を理不尽にねぎってくることで有名で、トリプルA最凶です。

保険担当医者が、過失割合がある事故は代車は出せませんと、さも法規で決まっているような説明をしてきます。仕事や必要な通院のために使用する代車は後日請求できます。騙されないでください。保険会社の顧問弁護士も同様の説明をしてくる場合があります。)

保険料が販売形態によって異なるのはいたしかたないとしても、本来正当に支払われなければならない保険金まで対応を誤ると支払われません。特に人損の損害賠償請求は、保険会社基準・弁護士基準・裁判基準と一物三価となっており、なんでこんな複雑なことになったのか理解できません。(一説に弁護士を食べさせるため?)

当たり前のことですが、弁護士=法律・正義ではありません。

 

 

上野歯科クリニックのブログの最新記事

お電話でのお問合せ

上野歯科クリニックに来ていただける理由

  • 01 安心 痛くない治療を目指した治療体制
  • 02 安全 最新機材を導入。安心・安全の親知らず・インプラント治療を提供
  • 03 信頼 不安点、疑問点を解消してから治療へ
  • 04 清潔 徹底した衛生管理。使用する機材はすべて清潔を保ちます
メタルフリー治療

医療費控除
上野歯科クリニック公式ブログ
診療予約
診療時間