コーヌステレスコープデンチャー(入れ歯) 保険外治療

コーヌス・テレスコープデンチャーとは、部分入れ歯の中のひとつです。支えとなる歯に一定の角度をつけた冠をかぶせ(内冠)、入れ歯の内側についている冠(外冠)と組み合わせたときに摩擦力によってお口の中に固定される入れ歯です。ワインボトルのコルク栓がこの原理です。入れ歯を口腔内にしっかり固定することができます。外見的にも機能的にも大変優れた入れ歯です。

 

高齢になって、施設等に入所しても口腔ケアがしやすく、結果、歯を長持ちさせることができます。

 

インプラント治療が主流になり、この装置が流行らなくなってから製作できる歯科技工士の方も数少なくなりましたが、当医院では、25年以上の付き合いがある技工所で作成が可能です。

 

<コーヌス・テレスコープデンチャーのメリット>

1、入れ歯のバネが見えないため、審美的に優れている。

2、コーヌスになって固定した歯がだめになった場合でも、修理で対応ができるので、新しい入れ歯を作り直す必要がなく、結果的に入れ歯を長く使うことが可能となります。

3、コーヌスに使用した歯を強固に固定することができ、特に動揺している歯(歯周病に罹患(りかん)している歯)に対して有効なことで歯の寿命が長くなります。

4、コーヌスを入れた歯は筒状になるため、清掃性に優れている。

5、通常入れ歯を口腔内に固定するときに金属のバネを使用し、取り外しのときにバネを掛けた歯に対しての負担が大きいが、 コーヌスの場合、2つの筒状のもので(一つは歯に、もう一つは入れ歯に取り付けられている)固定するので、取り外しのとき、負担が少なくなります。

上野歯科クリニックのブログの最新記事

お電話でのお問合せ

上野歯科クリニックに来ていただける理由

  • 01 安心 痛くない治療を目指した治療体制
  • 02 安全 最新機材を導入。安心・安全の親知らず・インプラント治療を提供
  • 03 信頼 不安点、疑問点を解消してから治療へ
  • 04 清潔 徹底した衛生管理。使用する機材はすべて清潔を保ちます
メタルフリー治療

医療費控除
上野歯科クリニック公式ブログ
診療予約
診療時間