歯周病と医療費の関係

歯は健康的な食生活を送る上で非常に重要な存在なので、野田市の歯医者でも多くのクリニックで予防歯科に根ざした指導や健診が行われています。しかし、野田市の歯医者でもそうですが、全ての方が生涯自分の歯で生活出来る訳ではありません。高齢になればなるほど歯周病など歯を失うリスクは増大しますし、歯を大事にしていても突発的な事故や事件で歯を失う方も多くいらっしゃいます。


しかし、野田市の歯医者の例でも多く見られることですが、多くの方にとって虫歯や歯を失うリスクとして警戒すべきなのはやはり歯周病です。野田市の歯医者のデータを見ても言えるように、歯周病は40代以降急激に羅患率が増加する事はよく知られていますが、若い方でも適切なケアを行うと発症する恐れは十分あります。こうした歯周病は歯を失うリスクだけでなく、口臭や虫歯など様々なトラブルの原因となりますが、最近注目されているのが歯周病と医療費の関係です。

ここでは実際に行われた研究を元に、歯周病と医療費の関係について見て行きましょう。ある企業は社員専用の歯科診療室を持っていましたが、統計を取る内に利用者が一部の社員に限られる事が判明しました。

そこでこの企業は全体としての医療費削減と社員の健康増進を図るために、歯周病の予防歯科を取り入れることを決定しました。具体的には野田市の歯医者でも行われているような定期検診や自宅でのセルフケアの指導ですが、定期的に虫歯やその他のトラブルで歯科診療室に通っていた社員らの健康増進を図るために導入を開始しました。

その後の公開データが非常に興味深いものになっています。その企業の経過観察のデータによると、定期検診やフロスや正しい歯磨きの指導など自宅でのセルフケアを取り入れ始めると、トータルでの医療費の抑制効果が見られ始めました。これは予防歯科の概念と同じく、事前にローコストで虫歯や歯周病を予防することで、その後重篤な症状に陥るのを防ぐという方法が成功したと見て取れます。

予防歯科の概念は野田市の歯医者でも広く浸透していますが、これらのデータが示すように国家レベルでの医療費の削減にもこうした予防歯科の徹底は大きな効果をもたらすと期待出来ます。

会社単位の歯科診療室が無い場合でも、野田市には予防歯科を取り入れている歯医者が多くあるので、定期検診や指導を受けることによって、ご自身で対策を行う事が出来ます。もちろんそうすることで、生涯健康な歯でいるための有効な予防にもなりますし、通院にかかる費用や時間もトータルで考えれば大きく削減出来るでしょう。ぜひ野田市にお住まいの方はお近くの歯医者で定期的にケアを行って下さい。

上野歯科クリニックのブログの最新記事

お電話でのお問合せ

上野歯科クリニックに来ていただける理由

  • 01 安心 痛くない治療を目指した治療体制
  • 02 安全 最新機材を導入。安心・安全の親知らず・インプラント治療を提供
  • 03 信頼 不安点、疑問点を解消してから治療へ
  • 04 清潔 徹底した衛生管理。使用する機材はすべて清潔を保ちます
メタルフリー治療

医療費控除
上野歯科クリニック公式ブログ
診療予約
診療時間