親知らず

親知らず治療

安心・安全はもちろん!
痛みと腫れの少ない親知らず治療

 親知らずとは、永久歯が生えそろった後に、8番目の箇所(奥歯)に生えてくる歯のことを言います。

image_nayamu人によっては、まっすぐと生えてくるケースや周囲の歯ぐきなどを圧迫したり、傷つけてしまうことがないというケースもあります。
その場合には、抜歯などの治療を行う必要はありません。

しかしながら、現在当院には数多くの親知らずに悩まれる患者様が訪れます。

 

 

親知らず自体が傾いて生えてきた・・・
顔を出さずに埋まったままである・・・

このようなケースは非常に多くなっています。
ではこのようなケースはどのような悪影響を与えるのでしょうか。

歯磨きが届かず、歯垢(プラーク)を落としきれず、むし歯や歯周病のリスクを高める。
隣の歯を圧迫して、歯並びを悪くする可能性がある。
噛み合わせを悪くする可能性がある。

主にこのような影響が考えられます。このようなリスクを回避するためにも、できれば起こる前に親知らずを抜いておくことをおすすめします。

 

抜歯を判断

抜歯をお勧めする人

親知らずが生えていて痛みがある、埋まっているのに痛みのある

周囲の歯や歯肉を圧迫している可能性があります。また、歯垢(プラーク)など磨き残しなどによって歯肉炎・歯周病の可能性もあります。

 

親知らずが斜めに生えてしまっている

周囲の歯を傷つけてしまったり、歯磨き時のブラッシングでの歯垢(プラーク)を取り除けない状況となってしまうことで、むし歯や歯周病を引き起こすリスクが高まります。

 

ときどき痛むが、数日間我慢していると痛みが治まる

このような症状をお持ちの方が多いように感じます。このケースは、れっきとした親知らずによる炎症が起きているにも関わらず、痛みに慣れてしまっている状況です。お早めの受診をお勧めします。

 

親知らずの手前の歯がむし歯になっている

このケースも多いように感じます。親知らず自体がむし歯になると、その周辺の歯もむし歯になってしまう可能性が高いと言えます。まずは、親知らずの治療から始めていきましょう。

 

親知らずの周辺が腫れている

歯磨きなどのブラッシングが十分にできていない可能性があります。抜歯を行い、正しい歯磨きを行うことで改善していきましょう。

 

すぐに抜歯をする必要はないと思われる方

親知らずが完全に埋まっており、痛みや不快感、違和感がそこまでない
親知らずがまっすぐ出ており、痛みや不快感、違和感がそこまでない

なかなか患者様自身での、抜歯の必要があるのか、その必要がないのかまでは判断がつかないケースが多いかと思います。

「自分はまだ大丈夫!」と決め付けず、一度、プロである歯科医院で受診することをお勧めいたします。

 

抜歯した後のアフターフォロー

「抜歯したあとは腫れますか?」という質問をよくいただきますが、正直に申し上げますと「ほとんどのケースで腫れます」。

もちろん、重症度によっても抜歯後の腫れも大きくなります。

ただし、腫れを抑えることは可能です。腫れを抑えるポイントとして「治療技術力」と「抜歯後の縫合方法」の2つがあります。

適切な力や向きに親知らずを抜くことができれば、抜歯時の出血を抑えることができ、腫れについても幾分か抑えることができます。

また、抜歯後の縫合方法ですが、当院では縫合の方法を工夫することで、腫れを抑えることができることがわかっています。

料金
親知らずの抜歯1本 (軽度)レントゲン+抜歯 4,000円程度(保険治療)
  (重度)レントゲン+CT+抜歯 7,500円程度(保険治療)

お電話でのお問合せ

上野歯科クリニックに来ていただける理由

  • 01 安心 痛くない治療を目指した治療体制
  • 02 安全 最新機材を導入。安心・安全の親知らず・インプラント治療を提供
  • 03 信頼 不安点、疑問点を解消してから治療へ
  • 04 清潔 徹底した衛生管理。使用する機材はすべて清潔を保ちます
メタルフリー治療

医療費控除
上野歯科クリニック公式ブログ
診療予約
診療時間